ブログ

  1. 相続

    海外在住の相続人がいる場合の遺産分割協議

    相続人の中には、転勤などで海外に在住する人がいる場合も少なくありませんが、この場合も、相続人全員が遺産分割協議に参加しなければいけません。

    続きを読む
  2. 相続

    不動産の相続

    相続登記とは不動産の所有者が亡くなったら、誰かに名義変更をする必要性がでてきます。この相続による名義変更のことを「相続登記」といいます。

    続きを読む
  3. 相続

    預貯金の相続手続きについて

    預貯金の相続手続き人が亡くなると金融機関は預金口座を凍結させる人が亡くなると、役所に死亡届を提出しますが、その情報が自動的に金融機関に伝わって預金口座が凍結されるわけではありません。金融機関は相続が発生したことを知って預金口座を凍結させるのは、主に次のような時です。

    続きを読む
  4. 相続

    遺産分割協議書とは

    遺産分割協議書とは遺産分割協議とは、相続財産を相続人全員で分け方を決める話し合いのことです。遺産分割協議は相続人全員で行うとはいっても、全員で集まる必要はなく、代表者が作成した遺産分割協議書を郵送で順番に回しあって署名捺印しあっても問題ありません。

    続きを読む
  5. 相続

    相続放棄と限定承認

    相続放棄と限定承認相続方法には・単純承認・相続放棄・限定承認の3種類ある相続が発生すると、相続人は一切の権利義務を取得することになります。相続は、相続開始を知った時から3ヶ月以内に何の手続きもしないと単純承認したことになり、プラスもマイナスも含めて全部相続することになります。

    続きを読む
  6. 相続

    相続人の調査方法

    相続人の調査方法法定相続人と法定割合相続人の範囲は民法で決められており、法定相続人と法定割合は次のようになっています。 第一順位:配偶者1/2と子ども1/2 第二順位:配偶者2/3と両親1/3 第三順位:配偶者3/4と兄弟1/4<例1:配偶者と子ども3人。

    続きを読む
  7. 相続

    相続財産の調査方法

    相続財産の調査方法相続が発生し、遺言書がないことがわかったら、相続財産の調査と相続人の調査を同時に始め確定させます。法定相続分の割合通りで分ける場合以外には、誰がどの財産を相続するのかを決める遺産分割協議が必要となります。

    続きを読む
  8. 相続

    公正証書遺言を探す方法

    公正証書遺言を探す方法遺言書があるとないのとでは、相続手続きや相続割合に大きな違いが出ます。公正証書遺言であれば遺言書謄本を請求した上で遺言執行をすることになりますが、自筆証書遺言であれば裁判所の検認が必要となります。

    続きを読む
  9. 相続

    相続手続きの流れ

    相続手続きの流れ相続手続きを経験することは、一生に何度もあることではないでしょう。最初で最後という方も多いはずですが、一度は経験するものとも言えます。相続手続きはスケジュール管理が大事になります。

    続きを読む
  10. 相続

    法定相続人と相続割合

    法定相続人と相続割合相続が発生したときに、当然に相続人としての権利を持つのが法定相続人です。被相続人の配偶者は常に相続人となります。以下、配偶者以外の相続人がいる場合の基礎知識を記します。

    続きを読む

お気軽にご連絡ください

03-4400-1182

平日10:00~18:00 土曜10:00~15:00

info@hiroseyuki-office.com

クチコミ

最近の記事

代表 廣瀬由紀より

当事務所のホームページにお越しいただきありがとうございます。

当事務所は、遺言作成サポートや終活サポートを中心の業務としております。遺言書や任意後見契約は、判断能力のある元気なうちにしか結べないものです。これらを用意することで、老後や亡くなった後の相続がどれほど楽になり、残されたご家族が救われるかということをご存じない方もまだたくさんいらっしゃるようです。

勉強会の他、個別無料相談も随時開催しておりますので、是非ご利用ください。

ひろせゆき行政書士事務所アクセス

東京都新宿区高田馬場1-31-16 ワイム高田馬場ビル5F(504号室)

*高田馬場駅(戸山口)から徒歩3分

(JR山手線、西武新宿線、東西線)

ページ上部へ戻る