533g7agtの記事一覧

  1. 養育費に含まれるもの

    養育費など将来に渡って継続して支払ってもらうお金があるときは特に、離婚届を提出する前に、離婚協議書(できればそれを公正証書に)にしていただきたいと思っています。養育費とは、子どもと離れて暮らす親から、子どもを同居して養育する親に支払う子育てにかかるお金です。

    続きを読む
  2. 遺言書の書き直し

    遺言書の内容を変更したいときはどうすればよいのでしょうか?数年前に長男と喧嘩をしていた時に、長男に少ない内容の遺言書を書いたけれど、また仲直りをしたので、長男の相続分を増やしたいというような場合ですね。

    続きを読む
  3. 相続

    自筆証書遺言の検認手続き

    自筆証書遺言の検認手続き2020年7月より、自筆証書遺言の法務局での預かり制度が始まりました。法務局で預けた遺言書には、裁判所による検認手続きが不要ですが、まだまだ自筆証書遺言を自宅に置いているという方もいらっしゃると思います。

    続きを読む
  4. 財産分与における財産別分け方

    夫婦の協力によってできた共有財産を分けることを財産分与といいます。基準は1/2とされますが、それぞれの夫婦によって任意に決めていきます。現金・預貯金現金や預貯金は、数字が明らかに出るので、単純に分けられる財産です。

    続きを読む
  5. 財産分与について

    財産分与とは、夫婦の共有財産を分け合うことです。共有財産とは、結婚後に、夫婦の協力によってできた財産のことで、名義がどちらのものであったとしても2人の共有財産となります。

    続きを読む
  6. 慰謝料が請求できるケースとできないケース

    慰謝料とは慰謝料とは、相手の行為によって受けた精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償金のことです。離婚しても、離婚しなかったとしても、請求することができます。配偶者の不貞行為に対する慰謝料であれば、配偶者だけでなく、その不倫相手にも慰謝料請求することができます。

    続きを読む
  7. 協議離婚

    離婚には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚(判決離婚、和解離婚、承諾離婚)の大きく分けて4種類があり、日本では、9割以上が協議離婚で解決しています(2.4%が裁判離婚)。ここでは、その協議離婚について確認していきましょう。協議離婚とは日本の離婚のうち90%は協議離婚です。

    続きを読む
  8. 離婚協議書の内容

    離婚協議書の内容離婚協議書には、次のような内容を盛り込みます。離婚に合意した旨夫婦が離婚に合意した旨を記載します。親権者の指定夫婦間の未成年の子どもについて、父母の一方を親権者に指定することは、離婚するうえで必須の手続となります。

    続きを読む
  9. 退職金は財産分与の対象となるか

    退職金は給与と同様に財産分与の対象になり得るものです。しかし、退職金が支払われるのは退職の時であり、会社の経営状態等によっては支払いがされないという可能性も考えられます。

    続きを読む
  10. 年金分割の手続きの流れ

    年金分割の手続きの流れ年金分割には、離婚(合意)分割と3号分割の2種類があります。それぞれの年金分割の手続きの流れを見ていきましょう。離婚分割も3号分割も、請求期限が原則離婚から2年しか請求できないため、期限に気を付けるようにしましょう。

    続きを読む
ページ上部へ戻る