遺言

  1. お子様がいらっしゃらない人も遺言書が必要か

    お子様がいらっしゃらない方こそ遺言書を作成した方が望ましいと考えられます。各々の状況によりますので、遺言書なく亡くなった場合、どのような相続が行われるか知っておきましょう。

    続きを読む
  2. 相続

    相続人がいない時の相続手続き

    相続人不存在のケースとは亡くなった人に法定相続人がいないことを相続人不存在といいます。配偶者や子ども、兄弟姉妹、両親もいない場合の他、法定相続人全員が相続放棄した場合も相続人不存在となります。

    続きを読む
  3. 相続

    公正証書遺言を探す方法

    公正証書遺言を探す方法遺言書があるとないのとでは、相続手続きや相続割合に大きな違いが出ます。公正証書遺言であれば遺言書謄本を請求した上で遺言執行をすることになりますが、自筆証書遺言であれば裁判所の検認が必要となります。

    続きを読む
  4. 相続

    法定相続人と相続割合

    法定相続人と相続割合相続が発生したときに、当然に相続人としての権利を持つのが法定相続人です。被相続人の配偶者は常に相続人となります。以下、配偶者以外の相続人がいる場合の基礎知識を記します。

    続きを読む
ページ上部へ戻る