相続

  1. 相続

    相続財産の調査方法

    相続財産の調査方法相続が発生し、遺言書がないことがわかったら、相続財産の調査と相続人の調査を同時に始め確定させます。法定相続分の割合通りで分ける場合以外には、誰がどの財産を相続するのかを決める遺産分割協議が必要となります。

    続きを読む
  2. 相続

    公正証書遺言を探す方法

    公正証書遺言を探す方法遺言書があるとないのとでは、相続手続きや相続割合に大きな違いが出ます。公正証書遺言であれば遺言書謄本を請求した上で遺言執行をすることになりますが、自筆証書遺言であれば裁判所の検認が必要となります。

    続きを読む
  3. 相続

    相続手続きの流れ

    相続手続きの流れ相続手続きを経験することは、一生に何度もあることではないでしょう。最初で最後という方も多いはずですが、一度は経験するものとも言えます。相続手続きはスケジュール管理が大事になります。

    続きを読む
  4. 相続

    法定相続人と相続割合

    法定相続人と相続割合相続が発生したときに、当然に相続人としての権利を持つのが法定相続人です。被相続人の配偶者は常に相続人となります。以下、配偶者以外の相続人がいる場合の基礎知識を記します。

    続きを読む
  5. 相続

    相続放棄と相続分の放棄

    相続分の放棄とは相続が発生すると、相続人たちは「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内」の熟慮期間内に、単純承認・限定承認・相続放棄のいずれかを決定しなければなりません。何もしないと、単純承認となり、遺産分割協議を行うことになります。

    続きを読む
  6. 相続

    相続手続きを急がなければいけない理由

    相続手続きを急がなければいけない理由相続放棄と限定承認被相続人の死亡と同時に、財産は法定相続人に法定相続分の割合で共有となります。遺言書がある場合は、原則、遺言書に従って執行されますが、遺言書がない場合は、法定相続人全員による遺産分割協議を経る必要があります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る