533g7agtの記事一覧

  1. 相続

    相続財産が不動産だけの場合の遺産分割

    実は、相続財産が不動産しかないという方の方が、預貯金もたくさんあるという方より多いというのが現状です。

    続きを読む
  2. 相続

    認知症など意思能力のない相続人がいる場合の相続

    高齢化の進展に伴い、認知症患者の増加が社会問題となっています。2012年における認知症の有病者数462万人(筑波大学の研究)から推計すると、2025年の認知症有病者数は「約700万人」。これは「65歳以上高齢者の約5人に1人が認知症」の到来を意味します。

    続きを読む
  3. 相続

    行方不明の相続人がいる場合の遺産分割協議

    遺言書がない場合の相続は遺産分割協議が必要となりますが、遺産分割協議は相続人がすべて特定され、相続人全員で行わなければなりません。一人でも欠けた遺産分割協議は無効となってしまうのです。では、行方不明の相続人がいる場合にはどうすればよいのでしょう。

    続きを読む
  4. 相続

    海外在住の相続人がいる場合の遺産分割協議

    相続人の中には、転勤などで海外に在住する人がいる場合も少なくありませんが、この場合も、相続人全員が遺産分割協議に参加しなければいけません。

    続きを読む
  5. 相続

    不動産の相続

    相続登記とは不動産の所有者が亡くなったら、誰かに名義変更をする必要性がでてきます。この相続による名義変更のことを「相続登記」といいます。

    続きを読む
  6. 相続

    預貯金の相続手続きについて

    預貯金の相続手続き人が亡くなると金融機関は預金口座を凍結させる人が亡くなると、役所に死亡届を提出しますが、その情報が自動的に金融機関に伝わって預金口座が凍結されるわけではありません。金融機関は相続が発生したことを知って預金口座を凍結させるのは、主に次のような時です。

    続きを読む
  7. 相続

    遺産分割協議書とは

    遺産分割協議書とは遺産分割協議とは、相続財産を相続人全員で分け方を決める話し合いのことです。遺産分割協議は相続人全員で行うとはいっても、全員で集まる必要はなく、代表者が作成した遺産分割協議書を郵送で順番に回しあって署名捺印しあっても問題ありません。

    続きを読む
  8. 相続

    相続放棄と限定承認

    相続放棄と限定承認相続方法には・単純承認・相続放棄・限定承認の3種類ある相続が発生すると、相続人は一切の権利義務を取得することになります。相続は、相続開始を知った時から3ヶ月以内に何の手続きもしないと単純承認したことになり、プラスもマイナスも含めて全部相続することになります。

    続きを読む
  9. 相続

    相続人の調査方法

    相続人の調査方法法定相続人と法定割合相続人の範囲は民法で決められており、法定相続人と法定割合は次のようになっています。 第一順位:配偶者1/2と子ども1/2 第二順位:配偶者2/3と両親1/3 第三順位:配偶者3/4と兄弟1/4<例1:配偶者と子ども3人。

    続きを読む
  10. 相続

    相続財産の調査方法

    相続財産の調査方法相続が発生し、遺言書がないことがわかったら、相続財産の調査と相続人の調査を同時に始め確定させます。法定相続分の割合通りで分ける場合以外には、誰がどの財産を相続するのかを決める遺産分割協議が必要となります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る