533g7agtの記事一覧

  1. 年金分割の手続きの流れ

    年金分割の手続きの流れ年金分割には、離婚(合意)分割と3号分割の2種類があります。それぞれの年金分割の手続きの流れを見ていきましょう。離婚分割も3号分割も、請求期限が原則離婚から2年しか請求できないため、期限に気を付けるようにしましょう。

    続きを読む
  2. 離婚時の年金分割制度とは

    年金分割制度とは年金分割は、離婚した高齢女性が経済的に困窮するのを防ぐために、離婚時の年金格差を減らす目的で創設された制度です。離婚時や離婚の後に、夫婦の多い方の厚生年金を分割し、結婚していた期間に応じて、他方配偶者の年金をサポートすることで、年金額が少ない方の年金の増加を図ります。

    続きを読む
  3. 戸籍の収集と相続人調査

    遺言書がない場合、法定相続人全員で遺産分割協議をすることになりますが、この法定相続人を特定するのには被相続人と相続人全員の戸籍が必要となります。相続人全員でしなかった遺産分割協議は無効になるため、必ず法定相続人を確定しなければなりません。

    続きを読む
  4. 揉めない遺言書を作成するために

    遺族間での相続財産争いを回避するためには、遺言書を書いておくことが重要ですが、欧米に比べ、現代の日本社会では、遺言書を書いている人は多くはありません。

    続きを読む
  5. 認知症の方がいる場合の相続手続きは法定相続もあり得る

    成年後見人制度を検討する前に成年後見人制度は、意思能力のなくなった方の財産を守ることのできるとてもよい制度ではありますが、よく考えないまま安易に利用すると後悔することもある制度です。

    続きを読む
  6. 親亡き後問題

    障がいのあるお子さんをお持ちの親御さんにとって、自分の亡き後の子どもの生活は最大の関心事であり心配事であることでしょう。

    続きを読む
  7. 公証役場とは、公証人とは

    公正証書遺言は、公証役場にて公証人が作成する遺言書のことですが、公証人とはどのような人なのでしょうか。公証人とは公証人は、原則30年以上の実務経験のある法律実務家の中から、法務大臣が任命する国家公務員で、大半が判事や検事出身者です。

    続きを読む
  8. 五感が不自由な方の遺言

    視覚障害のある方、聴覚障害のある方、話すのが不自由な方が遺言書を作成するときの手順をまとめてみました。

    続きを読む
  9. 遺言書を作成した方がいい人

    基本的には誰でも遺言書を作成した方がいい私は、基本的に遺言書は誰でも作成した方がいいと考えています。というのは、判断能力がない相続人がいると、相続手続きに必要となる遺産分割協議ができなくなり、協議を行うためには判断能力のない相続人に成年後見人等をつけなければいけないことになります。

    続きを読む
  10. 公正証書遺言と自筆証書遺言の違い

    公正証書遺言と自筆証書遺言とは公正証書遺言公正証書遺言とは、公証役場の公証人が作成する遺言のことです。法律のプロが作成する遺言なので、後日無効になりにくく、公証役場に1通保管されるので紛失の危険もないため最も確実性のある遺言書です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る